>

もしも通信機器を失くしたら

保障サービスのランク

レンタル会社が用意している保障サービスには、ランクがあります。
ランクが最も低いものを利用していた場合は、通信機器が壊れたり失くしたりした場合は弁償代金の80パーセントが免除されます。
つまり自分が支払うのは、20パーセントの金額になります。
価格は200円ほどなので、利用していた方が良いでしょう。
自分は絶対に大丈夫だと、油断しないでください。

もっとランクが高い保障サービスだと、弁償代金の全額が免除されます。
こちらは300円ほどなので、大きな出費にはなりません。
出張や旅行先で何が起こるかわかりません。
念のために、サービスを利用してください。
通信機器をレンタルするほとんどの人が、このようなサービス利用しています。

海外へ行く場合は必須

世界の中でも日本は、治安の良い国だと言われています。
ですから通信機器を持っていても、盗難の被害に遭うことは少ないでしょう。
しかしこのような国は特別で、海外はもっと治安が悪いです。
盗難の被害に遭うケースが多いので、気をつけてください。
通信機器を盗まれた場合でも、自分が弁償しなければいけません。
保障サービスを使っていなかった際は、全額を支払います。

通信機器の種類にもよりますが、数万という金額になることが多いです。
出張や旅行をする際は、交通費や宿泊費でかなりの金額を使います。
さらに数万円の弁償代金を支払うと、経済的な負担になってしまいます。
保障サービスを使っていれば、そのような事態に陥ることはありません。


この記事をシェアする